ファミリeルールニュース

ファミリeルールとは「ネット・ケータイの利用に関する“家庭でのルール作り”」を推進する東京都の取り組みです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【eメディアリーダー養成講座】H22-08-31 東京都庁第二本庁舎

日 時:平成22年8月31日(火)10:00~17:45
場 所:東京都庁第2本庁舎 10階 202会議室
参加者:37名




[午前の部]
ファミリeルール講座概要説明・家庭でのルール作り、グループワークの進め方』というテーマで,ファミリeルール事務局 統括マネージャーの山本啓史氏による講義と,参加者全員によるグループワークの体験実習が行われました。

グループワークの体験実習では,ファミリeルールテキストの「事例4:ネットで人と知り合う」をベースにして,実際のファミリeルール講座の進行に従って模擬体験を行いました。模擬体験を通じて,講座の流れを把握すると共に、eメディアリーダーとして講座の全体進行を行なう場合,またファシリテーターとしてグループワークの進行を行なう場合に求められる心得や具体的な方法について,ファミリeルールの動画教材なども活用しながら一緒に学びました。

eメディアリーダー養成講座AM



[午後の部]
前半では,全国Webカウンセリング協議会 理事長の安川雅史氏をお招きし,『ネット、ケータイに関する基礎知識と対応方法』というテーマで講義が行われました。ネットいじめの様々な事例が紹介され,それぞれの問題点や具体的対処法について学ぶことができました。講演の中では普段からの親子の円滑なコミュニケーションが重要であること,ネットの仕組みや法律についてきちんと親子で学ぶことの大切さが強調されました。

後半では,今後ファミリeルール講座の参加者から相談される可能性がある事例に対し,どのように回答した良いかについて参加者全員で考えました。例えば「子どもが親の携帯を使って,ゲームサイトの高額なアイテムを勝手に購入してしまったが,どうしたら良いか?」「子どもが親に内緒で勝手にケータイを契約してしまったが,どうしたら良いか?」といった質問について考え,そもそもなぜそのようなトラブルが発生したのかについて考えてみることの大切さと,各トラブルに関係した法律などを踏まえて賢く判断することの重要性を再認識させられました。

eメディアリーダー養成講座PM



eメディアリーダー養成講座にご参加いただいた皆さま,残暑が厳しい中,一日の長丁場ではありましたが,ご協力をありがとうございました。



参加者の感想
メタルール」を決めるという点が印象に残った。
  「ルールを作る」までは良く言われているが,
  ルールを破った時の子どもの心理を考えると「メタルール」は有効だと思った。
多くの相談事例を考える事ができて良かった。
ファミリeルール講座の具体的な方向性が理解できた。
  自己宣言型のルール作りは良い取り組みとして評価できると思った。

スポンサーサイト

テーマ:研修会・講習会・イベント - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2010/09/01(水) 09:07:21|
  2. eメディアリーダー養成講座

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。